ライラ武田の勝手にメルマガ通信

2019年8月13日

ライラ武田の勝手にメルマガ通信 Vo.2



こんにちは!皆様盆休みでしょうか?
私はせっせと働いております。とは、言っても明日から盆休みに入ります。
(売上は立ってないのに休みは取るダメな男です)


さて、唐突に始めた勝手にメルマガを送りつけるこちらのコーナー。
幸いな事に前回メルマガをお送りしてから解除のご連絡はどなた様からも来ませんでした!

いや、見方を変えれば誰一人として見ていないのかもしれません。
Google Hit Builderを設定して開封率を測定すれば良いのですがめんどくさいのでやりません笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて本日記念すべき2回目のお題はこちら!

「リスティング広告の効果ってあんまりなくね?」

恐らく弊社にお問い合わせ頂いたみなさんの所属部署はマーケティングに近い方が殆どでは無いかと思っております。
マーケティングと切っては切れないこの「広告」。
みなさんはどんなチャネル、手法、クリエイティブで広告を出していますか?
もちろんBLANCA PRやインフルエンサーマーケティングだって広告の一部ですよね。
今日の話はお題にあるリスティング広告の必要性や出しどころについてです。

私も長い事マーケティングを生業にして生きていますがここ何年かでリスティング広告の必要性を見直しつつあります。検索連動型であるリスティング広告。


例えば弊社の場合「インフルエンサーマーケティング」などと言ったキーワードを取りに行くのがセオリーです(勿論ロングテールやサジェストも網羅してますよ?)
弊社も先月までリスティング広告を出していましたが、まぁ~CVRが低い事、CPAの高い事。今では完全にリスティングを止めています。


令和元年、日本国民のネットリテラシーはめちゃくちゃ上がってきています。その為検索エンジンの上位表示されているサイトが広告だという事は気付いています。
かつ、リスティングのターゲットになってるユーザーって顕在層になりますので情報過多のこの時代に何かを調べる時、ユーザーは有益なコンテンツを探す行動に出ます。


例えば

「インフルエンサーマーケティング」を行いたいと思っている企業は、

・インフルエンサーマーケティングの効果
・インフルエンサーマーケティングの事例
・インフルエンサーマーケティングの費用
など、


「熱海 旅館」に泊まりたいと思っているユーザーは、

・熱海 旅館 料理
・熱海 旅館 口コミ
・熱海 旅館 温泉

など、


その検索ワードに付随したコンテンツを兎に角探し始めます。
リスティングで流入があってもそこで直CVはせず競合や類似コンテンツと比較されちゃうと訳です。
要するにコンテンツが無いor弱い企業がいくらリスティング出しても期待する効果は得られないと言う事です。
効果、事例、費用が満載のよくあるLPにリスティング流入で着地させてもユーザーはよりオーガニックな情報を得ようとしますのでどんなに素晴らしいLPでも別枠でコンテンツを用意する必要があるという事です。


弊社の場合リードとして欲しいのはインフルエンサーマーケティングを検討している企業ですが、先にも挙げたようにこのユーザーは顕在層なのでインフルエンサーマーケティングをワークさせる為に競合情報や色んな情報(コンテンツ)を読み漁ります。
結果、何一つコンテンツをアウトプットしていない弊社に問い合わせが来るのにはバカみたいなコストがかかります。
しかし、全てにおいてリスティング広告が効果が薄いのではなく、例えば情報を漁るほど時間の無い緊急性の高いワードとか(例:車故障、水道破裂)やまたはクオリティの高いコンテンツは持ってるけどドメインパワーなどと言った理由により認知させれないなどと言った企業はリスティング広告が有効かと思います。

一部オウンドメディア至上主義のマーケターにより広告=悪とされてはいますが、プロダクトや出しどころによってはまだまだ使えるのがリスティング広告ですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて次回は

・リスティング広告で完敗した弊社がコスト4万5営業日で50リード獲得した方法
・釣り具メーカーに学ぶ最強コンテンツマーケティング

のどちらかを配信したいと思います。

勝手に送りつけている為読者様のクレームにより今回で終わる可能性もあります。
それでは、さようなら。


Lyla Co., Ltd.
Marketing Director / 武田
2019年8月9日

ライラ武田の勝手にメルマガ通信 Vo.1



こんにちは、株式会社Lylaの武田です。
勝手にですが超不定期でコラム的なメルマガを配信しようと思います。

本当はお問い合わせ頂いたお客様一人一人に”営業電話”をしたいのですが、
人員が少なすぎて時間が取れません、、、。
マーケティングオートメーションを入れてナーチャリングを組む時間も無い。
てかお金が無い!

ちょっとでもお客様とお近づきになれたらと思いお問い合わせ頂いたお客様宛に一斉送信しています。
迷惑でしたら速攻「いらねぇもん送ってくるな!」と返信して下さい、、、。
その際はメーリングリストから泣く泣く外させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、株式会社Lylaは創業して約3ヶ月になります。
メイン事業は女性体験型メディアのBLANCA(https://blanca.love/)です。
なぜメディアという事業に至ったかと言いますと実はライラ創立以前は個人事業主として
6~7年前からインフルエンサーマーケティング事業を行なっていました。

走りだった2~3年前のインフルエンサー事業はインスタグラムがAPIを公開しており
特別なツールを使うことによってPR投稿の効果を全てデータ化して一般的なWEB広告のように
扱う事が出来ました。が、インフルエンサーという肩書きが時代と共にバリューを持つにつれ偽物の
インフルエンサーも増え始めました。インスタグラムはフォロワーの購入、いいね!の購入が容易です。
またツールにより自動でフォロワーを増やすインフルエンサーや企業アカウントが増え始め、
サービスのクオリティ低下を危惧したインスタグラム社は遂に2020年にはAPIの完全廃止を公言しました。

これにより自動フォロワー増加ツールや今まで効果測定の為に使っていたツールが徐々に使えなくなり、
費用対効果の全くわからないPR方法に変化してしまったのです。しかしSNSの勢い、
インフルエンサーの宣伝による行動喚起力は高いのは事実。
「やってみたいけど、効果測定が出ないならやらない」と言ったクライアント様が増え続けました。

我が社の代表の新井も一人のインフルエンサーであり、ファン(フォロワー)に情報を発信し続けています。
「インフルエンサーの価値を下げたくない、クライアント様にも価値のあるサービスを提供したい。」
この思いからデータも取れ、SEO的な資産にもなるインフルエンサーが作るメディアというサービスが誕生しました。

クロスメディアの時代です。Instagram、Twitter、TikTok、Youtubeなどプラットフォームの垣根を超えても
影響力のある人間は人々にずっと影響を与え続けると信じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初回なのでちょっと営業くさい内容になってしまいましたね反省です。
次回はいつになるか分かりませんが気が向いたらまた送らせて下さい!

よろしくお願い致します。
HPに戻る